スポンサーリンク
美瑛・富良野

青と色づいた木々が美しい「秋の青池」

白金青池は今では、北海道を旅行するときには外せない人気スポットになりました。

そのため昼間訪れると駐車場に入るのにも渋滞しますが、早朝や夕方に行くと比較的すいています。

また早朝は風も少なく穏やかな水面を見ることができるので、少し早めに行くことをおすすめします。

一般的には夏に多く訪れるスポットですが、夏以外の景色も綺麗です。

秋の紅葉時期は周りの木々が色づき、青い池の青とマッチするため見事な光景が楽しめます。

天候や時間帯によって見える様子もがらりと異なるのも楽しいです。

太陽の光が木々を灯す朝日が登る早朝か、夕日が紅葉した木々に反射する夕方が綺麗です。

神の子池と異なり乳白色な青のため、紅葉した木々が映えます。

青池周辺の紅葉時期は10月上旬から10月中旬にかけてです。

この時期は寒くなる日もあるため、一気に終わってしまうこともあるので、タイミングがなかなか難しいです。

雲ひとつない快晴の日には、十勝岳が少し顔を出しています。

近くにある十勝岳ですが、青池と一緒に見られる機会は少ないです。

秋は空気が澄み空の色もとても綺麗なので、青池を訪れるのに最適な時期です。

11月になると初雪の便りも届き、12月には雪に埋もれて凍結してしまうため、5月まで青池は見られなくなります。

最近冬に青池で青いライトアップが施され、夏とは違った光景が楽しめます。

■白金青池

【住所】北海道上川郡美瑛町白金

【アクセス】JR美瑛駅から道北バス「国立大雪青年の家」行きに乗車し、「青池入口」で下車です。(1日5本)

この記事を書いた人:コイチ

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^