スポンサーリンク
網走・知床

可愛いシマリスたちに癒される!「オホーツクシマリス公園」

網走市の南部、網走湖の東岸に位置する「オホーツクシマリス公園」。

たくさんのシマリスたちと触れ合ったり、エサをあげたりすることができます。

オホーツクシマリス公園の概要

「オホーツクシマリス公園」では、約50匹のシマリスが放し飼いにされています。

・住所:〒099-2421 北海道網走市呼人352

・アクセス:JR呼人駅から車で約6分、JR網走駅から車で約15分

・駐車場:約20台(無料)

・入園料:3歳以上400円(小エサつき)

・営業時間:5月上旬~10月中旬までの10:00~16:00(15:30入園終了)

受付棟で説明をしっかり聞きましょう

受付棟入り口の外見はこんな感じ。

時期や混み具合にもよりますが、たいていは数組が並んでいます。

一定の人数ずつ、受付棟の中に案内されます。

受付棟の中では、注意事項の説明があります。

・園内は走らない、すり足で歩く

・しゃがんだ姿勢から立ち上がるときに、かかとの下にリスがいないか確認

・リスが脱走しないように、入り口の扉は開けたら必ず閉める

を強調して説明されます。

特に、踏まれてけがをしたり亡くなってしまうリスが多いとのこと。

私たちが訪れた前日にも、一匹が子供に踏まれて亡くなってしまったとか…。

ぜひ、説明をしっかり聞いて、きちんと守りましょう。

説明を聞いた後、袋に入った小エサをもらいます。

足元に注意しながらリスと触れ合おう

リス園に入る扉は、リスが逃げないように3重になっています。

順番に開けて、リス園に入ると…

いました!

小さくてかわいらしいシマリスのお目見えです。

園内を所狭しと走り回っている子もいますが、このように人間に興味を示してくれる子もいます。

あまり動き回るとリスにけがをさせてしまうこともあるので、エサを持ったりしながら、リスが寄ってくるのを待つとよいでしょう。

エサを手に乗せて待っていると…

来ました!

人間の手からエサを取って、器用に持って食べています。

エサを手にしたシマリスは、これくらいの至近距離でも撮影可能です。

はじめに無料でもらえるエサだと、少しずつ分け与えても5分ちょっとでなくなってしまいます。

かわいいシマリスと長く触れ合いたい方は、追加で購入されることをオススメします!

この記事を書いた人:マリ

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^