スポンサーリンク
釧路・阿寒湖

「SL冬の湿原号」北海道唯一のSL運行!標茶町内のお勧め撮影スポット紹介

かつては大沼公園周辺、ニセコ周辺でも観光運行していたSL。

富良野線、石北線、知床周辺などでも臨時運行していましたが、現在は運転をしていません。

そんな中、北海道で唯一のSL運行をしている釧網本線の釧路から標茶間。

運行は毎年1月下旬から2月下旬の土日祝日。

今では走っている姿がとても貴重になってしまったSLのお勧め撮影スポットを紹介します。

①カーブを進入してくるSLが見られる“旧五十石駅跡付近”

かつて茅沼と標茶の間に五十石という小さな駅がありました。

周辺に民家がほとんどなく利用者が皆無だった為、2017年に廃止となってしまいました。

現在は駅舎もなくなり少し広いスペースがあるだけですが、この辺りちょうど線路がカーブしているのでいい撮影スポットになっていますよ。

駅はなくなっていますがGoogleMAPで出てくるので場所は分かりやすいです。

②間近で走り抜ける迫力あるSLが見られる“五十石橋”

旧五十石駅から標茶市街地方面に向かう途中にある五十石橋。

跨線橋になっており、釧網線の線路をまたいでいるので上からSLが見られます。

跨線橋の横も高台になっているので、真上からでなく真横を通り過ぎていく様子が楽しめます。

ただし五十石橋周辺数台しか停めるスペースが無い為、早めにいかないと駐車できるスペースが確保できない可能性もあるのでご注意を。

③広大な釧路湿原と一緒に撮影できる“三角点展望台”

最後は塘路エリアの人気展望スポット“サルルン展望台”から少し上へ登った所にある“三角点展望台”。

サルルン展望台からでも見えますが、三角点展望台の方が若干高さがあるので広大な釧路湿原を走り抜けるSLが見られますよ。

冬季なので除雪はされていませんが、雪が少ない地方かつ訪れる人も多いため踏み跡はしっかりとついているので、冬山装備が無くても登ることは可能です。

始発の札幌発の特急が到着した後に出発するので、乗車する場合は釧路に宿泊しなくても乗車が可能なダイヤ設定になっています。

■SL冬の湿原号

【運行期間】1月下旬~2月下旬の土日祝日

【時間】釧路11:05⇒標茶12:35 標茶14:00⇒釧路15:42

【料金】1290円(釧路~標茶間運賃)+840円(指定席券)

この記事を書いた人

コイチ

気が付いたらアラフォー。
大泉洋と同じ高校出身な北海道在住の旅人ですww
北海道内179市町村の温泉・登山・お祭りめぐりと
北海道内でイッテQみたいなことしています(笑)

179市町村しょっちゅう出かけているのは、恐らく自分とブギウギ専務くらいww

たま~に本州にも出没してます。
西でも東でもない変わった食文化がある名古屋が最近のお気に入り。

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^