スポンサーリンク
旭川・層雲峡・大雪山

「OMO7旭川」遊び心満載!星野リゾートホテル

星野リゾートは「リゾート運営の達人」をコンセプトに掲げ、国内に35拠点、海外に2拠点をもち、ホテル宿泊満足度調査1位!

北海道では雲海が見られる「アルファリゾート・トマム」が代表的ですね。

OMO7旭川とは

今回は旭川にある「OMO7旭川」についてお話します。

旭川と言えば「旭山動物園」

富良野や美瑛へも好アクセスな都市です。

「OMO7旭川」は旧・旭川グランドホテルを2018年4月に改装オープンしたホテルです。

価格は一般的なビジネスホテルと同じくらいでリーズナブル。

外観や大浴場は旧ホテルのままで、以前のホテルを上手く利用しつつ、星野リゾートのアレンジがある都市型ビジネスホテルです。

OMOのコンセプトは「寝るだけでは終わらない、旅のテンションが上がる都市型観光ホテル」

ホテルに入ると、白樺の木を使ったオブジェと、たくさんの動物達がお出迎え。

チェックイン

フロントでチェックインを済ませます。

ウェルカムドリンクのサービス、ここにも洒落た演出が。

なんと壁面の蛇口をひねるとアッサムティーが出てくるのです!

部屋内装

まずは部屋へ。

ベッドがL字型に並んでいる部屋は物珍しく、ベッドをソファ代わりにして、2人でテーブルを囲めるようになっています。

ベッド枕横にはコンセントとUSBの挿入口、スポットライトもあるのでお仕事をしたり、読書したり…「携帯の充電がない!」そんな時もフロントで充電器を貸していただけますよ。

フリーラウンジ

近くには、旭川といったら!ラーメン屋さんがたくさんあります。

居酒屋・焼肉屋もあるので便利です。

外で満腹になるのも良しですが、覚えていてほしいのは、ホテルロビーに広いフリーラウンジがあること。

フリーラウンジでは、街で買っきた食べ物を自由に持ち込みできます。

なんといってもソフトドリンクやお酒が飲み放題!

思わず「えっ、このアルコールもサービスですか?」と聞いてしまいました。

有料で生ハムやおつまみの提供もありますよ。

朝食は同じ会場でビュッフェ形式。

ワッフルやスイーツメニューが充実しています。

フリースペース

ここからも「部屋にいるのはもったいない!」そんなロビーです。

ロビーにはフリースペースがあり、白樺の落ち着くテーブルや、遊び心があるインテリアがたくさんあります。

北海道と言えば「カーリーング娘」で流行った北見のカーリングテーブル

「旭山動物園」をイメージした動物のオブジェ

屋根裏部屋のような「ブックトンネル」にはおよそ400冊の本があります。

本だけではなく、オセロなどのゲームもあり楽しめますよ。

フロントの奥のスペースには「ショップ」があり、地元のお菓子や工芸品などを中心に並べられています。

OMO7旭川オリジナルグッツの販売も。

「部屋にいるのがもったいない!」その名の通りのホテルです。

【ホテル情報】

星野リゾートOMO7旭川

住所: 北海道旭川市6場通9条通

TEL: 0166-24-2111

この記事を書いた人:ezo-tabi

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^