スポンサーリンク
札幌

「海鮮居酒屋 蛇之助」個室で一品料理と海鮮の味わえる名店!中央区

地下鉄東西線・バスセンター駅から徒歩3分。

かつての劇団四季劇場からほど近い裏通りにある「海鮮居酒屋 蛇之介(じゃのすけ)」は、知る人ぞ知る超穴場居酒屋です。

路面店ですが入口が少し奥まっており石畳が敷かれ、その両脇には日本酒の樽や空き瓶、大漁旗などが飾られており漁師町を訪れたような気分になります。

飲み放題あります!

その時によって多少日本酒のラインナップも変わりますが、私が伺った時はHot Pepperのクーポン使用で通常よりも更にお得な飲み放題を開催していました!

飲み放題の中には、何と「獺祭」や「田酒」も含まれているとのこと。

舌なめずりをしながらも、まずはビールで喉を潤します(笑)

ビールはプレミアムモルツでした!

特大メニューボード

ラミネート加工されたメニューが卓上にあるほか、ホールスタッフさんがメニューボードを席まで持ってきてくれます。

このボードが超巨大で画像は一部分です。

女性スタッフさんの上半身がすっぽり隠れるほどのサイズに、卓上メニューにはない「本日のオススメ」がビッシリ書かれています。

ある程度時間が経つと下げられるので、追加注文をする時のために写メっておくと安心ですよ!

自慢の海鮮

さて、この日は非常にお得なイベントを開催していました!

「看板見たよ!」という合言葉で、自慢のお刺身10点盛が500円で頂けるとのこと。

「海鮮居酒屋」を謡っているだけあって、いずれも間違いのない旨さ。

手の込んだ一品料理

蛇之助さんが素晴らしいのは、海鮮以外も実に美味しいのです。

他ではあまり見かけないような手のこんだ一品料理は、目移りしてしまいます。

上の画像はエビフライではありません。

カニ足フライです。

かぶりつくと閉じ込められていたカニのエキスが口いっぱいに広がる贅沢感!

ソースが添えられていますが、塩&レモンや醤油で食べる方が味がよく分かるかもしれません。

万願寺唐辛子に叩いたエビを詰め込んだ焼き物は、高級料亭のような雰囲気です。

プリっとしたエビと万願寺唐辛子の甘みが、口中で絶妙なハーモニーを奏でました。

全席個室で安心

 一部カウンター席もありますが、基本は掘りごたつの個室なのでコロナ禍でも安心してお食事出来ますよ!

リーズナブルなものから高級感のあるものまで、メニューが多岐に渡るので日常使いの他おもてなしやお祝いごとにも向いています。

現在はテイクアウトにも力を入れており、自慢の海鮮で手巻き寿司セットなども販売中。

詳しくはお店のホームページや、Hot Pepperなどでご確認下さいませ。

「海鮮居酒屋 蛇之介(じゃのすけ)」

https://janosuke.owst.jp/

北海道札幌市中央区北1条東2丁目5-11 大久保ビル1F

011-252-0028

営業時間:月~土、祝前日: 17:00~23:30 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:00)
日、祝日: 17:00~22:30 (料理L.O. 22:00 ドリンクL.O. 22:00)

定休日:年末年始のみ

この記事を書いた人

アキクサインコ

小鳥が好き。
お酒が好き。
B級グルメが好き。

座右の銘は「NO RA-MEN,NO LIFE.」
スープを完飲するのが、
お店への最大の敬意だと思っている。

得意ジャンルはラーメンと安酒場。
今後注力したいのは、昼飲みスポット。

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^