スポンサーリンク
札幌

「黒牛セブン」大人にこそ食べて欲しいハンバーグ!豊平区

「黒牛セブン」は2018年にオープンしたハンバーグ&ステーキの専門店です。

南平岸駅及び澄川駅からから徒歩15分圏内。

地元民のウォーキングスポットして名高い天神山緑地の目の前にあります。

和牛一頭買い

「黒毛和牛一頭買い」が謳い文句となっており、店内に入るとすぐ塊肉が並んでいます。

人気焼肉チェーン「味覚園」グループの新業態で、運営しているのは業務用肉卸の「坂口精肉店」(本社:北見市)です。

肉のプロがどんなハンバーグを提供するのか、期待が高まります!!

メニュー構成

ハンバーグは熟成アンガス牛or小清水牛の2パターン。

これをベースにトッピングを変えたり、カットステーキを付けたりなど選ぶことが出来ました。

メニューにカラー写真が載っていると、分かりやすくて有難いですね♡

酒飲み万歳!!!

店内にはワインセラーもあったりして、高級感が漂っているのですが・・・

なんとお得な飲み放題メニューもありました!!

90分1500円(税別)でビールはスーパードライ。

美味しいお肉でお酒がすすむ事を予測し、ここはもう飲み放題にするしか道がありません(笑)

セットメニュー

セットメニューでは、ライスorパン、そしてスープ&サラダがついてきます。

ご飯は北海道米を釜で炊き上げたもの。

この日のスープは炒めた玉ネギがいっぱい入った、オニオンコンソメでした。

玉ネギの名産地・北見に想いをはせます。

サラダはジャーの中にドレッシングと共に入っており、自分でフリフリした後にお皿に移して食べるスタイル。

大根の他、コーンやひよこ豆、水菜が入っていました。

少し甘めの醤油ベースドレッシングは自社商品とのこと。

熟成ハンバーグ

サラダをつまみにビールを飲んでいると、スタッフさんがワゴンに載せてハンバーグを運んできました!

肉汁が詰まってパンパンのハンバーグを、目の前で半分にカットしてくれます。

画像は熟成アンガス牛をドミグラソースで。

自家製ベーコンとウインナーを付けました。

かなりドッシリしたソースはワインに合います。

お肉は噛み応えがあって、ソースに負けません。

そして、自家製のベーコンがめちゃめちゃ旨い!!!

小清水牛100%

続いて、お店のイチ押しである小清水牛100%。

熟成ハンバーグよりも浅く火入れしてあり、カットした断面は赤みがあります。

私はレア目が好きなのでそのまま頂きましたが、プレートの上に熱したペレットもあるので

気になる方は更に焼いてください。

山わさびソースは別皿で提供されました。

すりおろした山わさびと、甘めの醤油ダレ。

ドバーっとかけるよりも、一口分ずつ味をのせて食べていくのがオススメです。

肝心のハンバーグは粗挽きで食べ応えがあり、噛むごとに和牛の甘みが口中に広がります。

卓上の塩コショウで食べると、更に味がよく分かりました。

熟成ハンバーグと比べると200円ほどお高いのですが、その価値は十分。

絶対にまた食べに行こうと心に誓いました。

コロナ対策

コロナ対策として入店時には検温を実施。

手の消毒も促されます。

店内はテーブル席でソーシャルディスタンスにも配慮されています。

テイクアウトにも力を入れているので、お弁当を買って自宅でゆっくり食べるのもいいですね!

お腹がいっぱいになったら、天神山緑地を散歩して腹ごなしをして下さいませ(笑)

「黒牛セブン」

北海道札幌市豊平区平岸1-16-9-33

011-837-5577

営業時間

ランチ:11:00~15:00
(料理L.O. 14:30 ドリンクL.O. 14:30)
ディナー:17:00~22:00
(料理L.O. 21:30 ドリンクL.O. 21:30)

定休日:12/31・1/1

駐車場あり

この記事を書いた人

アキクサインコ

小鳥が好き。
お酒が好き。
B級グルメが好き。

座右の銘は「NO RA-MEN,NO LIFE.」
スープを完飲するのが、
お店への最大の敬意だと思っている。

得意ジャンルはラーメンと安酒場。
今後注力したいのは、昼飲みスポット。

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^