スポンサーリンク
札幌

「三船」北海道美唄で愛され続ける美唄焼き鳥がおすすめ!

昭和初期に三船福太郎さんが美唄で焼き鳥屋を営んでいました。

串一本で鶏肉をまるごと食べられるということをコンセプトに作られたのが、美唄焼鳥の始まりでした。

それからというもの、美唄を中心に愛され続けて今や札幌市でも気軽に食べることができるようになった大人気の焼き鳥屋さんです。

注文する時は10本単位で?ビール片手にお腹一杯食べましょう!

美唄焼き鳥の良い所は、何といってもリーズナブルな価格でしょう。

1本130円で鶏肉の様々な部位を堪能することができます。

注文する時は、一本二本ではなく美唄焼き鳥10本で!なんて声が飛び交っています。

ビールやハイボール、日本酒から焼酎まで全てに合う焼き鳥です。

タレ味も美味しいのですが、大半の人は塩味で注文しています。

美唄焼き鳥を食べるときは、口一杯に肉を頬張ってたらふく飲んで食べて笑うことが一番美味しい食べ方です。

美唄焼き鳥以外の料理も素晴らしく美味しい!

三船では美唄焼き鳥だけではなく、様々な種類の焼き鳥やおつまみを楽しむことができます。

個人的なおすすめとしては、鳥もつ煮込みです。

柔らかいお肉を噛むとジューシーな肉汁と甘辛い味噌だしが口いっぱいに広がり、飲み込まずにずっと噛んでいたくなる気持ちにしてくれます。

〆の一品は絶対に食べてほしい鳥がらそば!

たらふく飲んだ後は、〆のラーメン!と言いたいところですが、三船の看板メニューである鳥ガラそばを頼みましょう。

カツオと昆布の上品な香りが漂うかと思いきや、じっくりと時間をかけて取った鳥ガラ出汁がビールで冷えた身体を芯から温めてくれます。

一度食べると、飲んだ後の〆はラーメンという概念が変わります。

三船に関しては飲んだ後の〆は鳥ガラそばしかありません!

店内が混み合っているときは、私の様にそばが売り切れている可能性もあるので店員さんに確認しておいた方が良いでしょう。

元祖美唄焼き鳥 三船 南平岸店

住所:北海道札幌市豊平区平岸3条14丁目3-4 2F

電話番号:011-595-8878

営業時間17:30~24:00 ラストオーダー23:30

定休日:毎週日曜日

この記事を書いた人:

hide

北海道札幌市生まれの38歳おじさんです。
週末には道内の様々な場所へドライブへ行っております。
また、ワインが大好きで様々なバーに行ったりしています。
グルメ関係の記事を書くことが大好きです。
ごくごく稀にワインのブログも更新することがあったりなかったりです。
宜しくお願い致します。

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^