スポンサーリンク
士別・名寄

絵本の里けんぶち 地元の農家さん達のパワーに脱帽!!

「道の駅 絵本の里けんぶち」は、剣淵の市街地から離れたところを通る国道40号線沿いにあります。

雪のない時期はドッグランも解放され、広い駐車場が用意された特徴ある建物の道の駅です。

流石に1月半ば過ぎだと寒そーな雰囲気ですが、中は沢山の特産品でホットでした♪

冬でも地元産の野菜に出会える有難さ

館内に入ってパッと目に飛び込んで来たのは、冬の北海道ではすっかりお馴染みになった雪の下キャベツ。

雪の下キャベツと言えば和寒町が有名ですが、お隣の剣淵町も負けていませんよ~(^^
じゃがいもや南瓜もありましたよ。
こちらは大根ですね。

下の段の丸い緑の大根は「辛味大根」。

おろして、ぶっかけ蕎麦にして食べたり、もり蕎麦のつゆに入れて食べても美味しいですよ~。

上の段のは赤大根、紫大根。甘酢漬けがお勧め。
お豆さんがまた凄い。黒豆、小豆に大豆に金時豆。嬉しくなっちゃいますね~\(^o^)/

美味しいお豆さんは、砂糖タップリで甘~くせずに、薄い塩味で煮ただけでも美味しいんですよ♪

農家の母さんたちの力が結集!!

館内を奥の方に進んで目についた冷ケースの中を覗くと、美味しそうな加工品が!!

これは、剣淵町の農家の主婦の皆さんで作った福有会というグループの製品。

地場産の材料を使って、丁寧に作られています。
こちらは同じ福有会さん製造の「ばあばの元気福味噌」。

剣淵産の特栽大豆と特栽米で作られた、無添加の手ごね味噌です。

愛情たっぷり!!
ここでは紹介できませんでしたが、他にも「ひまわり会」というグループの肉じゃがコロッケ、南瓜コロッケなどが置かれていて、見物の農家のお母さんたちのパワーを感じました。

お馴染みの顔と新しい顔

剣淵町と言えば、もうすっかりお馴染みになったのがゴトーチキンさんのスモークドチキン。

道産の鶏を1羽丸ごと燻製にしたスモークドチキンは、そのまま食べても、サラダに入れても抜群の味わい!!
で、こちらは発売からまだ2年目のニューフェイス。

剣淵産のジャガイモを使ったポテトチップス「ぷっちーな」です。

これはお土産にもいいですよね~(^^♪

地産地消レストランもありますよん

最後に紹介するのは、特産品コーナーの一番奥にある、レストラン「ムーニャ」。
剣淵産のお米「ゆめぴりか」を始めとして、使っている食材は地元のものが中心。
この他にもメニューは豊富で、個人的には剣淵産ジャガイモを練り込んだ麺入りの、体が暖まりそうな「じんじんうどん」と、シェフ手作りの「特製焼きカレー」ってのが気になりました。

ここで紹介した以外にも、剣淵産のジャガイモや南瓜を練り込んだうどんや、剣淵産の蕎麦、その他の農産物加工品がいっぱいで、地元の農家さん達の凄みが感じられる道の駅でした。

次回来訪時は、レストランムーニャで実食しなきゃ!!

【道の駅 絵本の里けんぶち】

北海道上川郡剣淵町東町2420番地
TEL. 0165-34-3811
営業時間:5月~10月…9:00~18:00、11月~4月…9:00~17:00
休館日:年中無休(トイレは24時間使用可)

この記事を書いた人:

hoshiboo

1959年産。
函館で生まれ育ちましたが、キャンプで全道を回るうちに道北の小さな集落に惹かれ
そこに友人も何人か出来てしまって、十数年前に移住。
山間部で家庭菜園を楽しみながら、時々旅している地産地消を推すおっさんです。

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^