スポンサーリンク
旭川・層雲峡・大雪山

「Café 文樂」(ぶんらん)旭川を感じるスイーツショップでイートインしよう♪

店内にあるのに解放感があり、自然を感じられる憧れカフェ。

JR旭川駅の裏手の道を東川方面へ向かうと、見えてくるお庭と木のかわいらしい建物。

そこは「き花の杜」というお菓子のお店です。

旭川で創業88年の老舗菓子店「壺屋」を代表する「き花」というお菓子を中心にした洋菓子、和菓子、焼き菓子を揃えたお店で、地元の人はもちろん観光客にも人気のスポット。

ここには、緑豊かなガーデンを見ながら、できたてスイーツを味わえるカフェがあります。

テイクアウトもできるので、あたたかな季節は飲み物やスイーツを買って、中庭で頂くこともできるんです。

カフェには雑誌もたくさんあって、大きな窓からは外が見渡せてとても明るくステキな雰囲気だったので、お菓子をお買い物した後に立ち寄ってみました。

季節ごとに替わるできたてスイーツを堪能

この日はいちごがきれいに並んだソフトクリームパフェがメニューにあったので、頂いてみました。

シルクパウダーと市内にある農場「クリーマリー農夢」の新鮮な牛乳を使ったソフトクリームは、とってもなめらか。

控えめな甘さが、いちごの甘酸っぱさを引き立てて相性は抜群です。

ソフトクリームには旭川家具と壺屋がコラボした「リスのテーブル」という可愛いネーミングのバームクーヘンが乗っていましたよ。

き花の杜に暮らしているお菓子の妖精「つぼみ」がちょこんとささっていて、とってもキュートでした。

タップリの量があるのにあっという間に食べられるのは甘さすっきりだから。

窓からの明るい雪景色を見ながらのんびりした時間を過ごせました。

お菓子の工場見学や、読書、その他色々お楽しみがいっぱい!

「き花の杜」の店内にはお菓子の販売はもちろん、「き花」の工場見学ができるスポットの他、ゆったりとお菓子を頂きながら置かれているたくさんの本を読める読書スペース、フラワーショップ、旭川の特産品を扱うアンテナショップも併設されていて、見どころがいっぱいでした。

お菓子と一緒にかわいいお花をプレゼントするのもいいですね!

また、コーヒーやスイーツを頂きながら、本棚にたくさん並んでいる本を手に取るのもリラックスした時間になりそうです。

ちょっと休憩したい時、大切な人へのお土産を選びたい時にぜひ立ち寄りたい素敵なお店。

旭川にお越しの際は、ぜひ立ち寄ってみませんか。

*Shop info*

・き花の杜

・住所:旭川市南6条通19丁目

・電話番号:0166-39-1600

・OPEN:9:30~19:00/カフェは10:00~18:00

・定休日:不定休

・公式HP URL:http://www.tsuboya.net/kibananomori/about/bunran/

この記事を書いた人:mami_s

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^