スポンサーリンク
札幌

札幌の名所~モエレ沼公園「ガラスのピラミッド」

札幌市東区にある『モエレ沼公園』はガラスでできたピラミッド「HIDAMARI」や、人口標高62mの「モエレ山」があり、自然豊かで一年中を通じて楽しめる公園です。

ガラスのピラミッド「HIDAMARI

ガラスのピラミッドは、彫刻家「イサム・ノグチ」監修で作られたモニュメント。

外周距離が3.7キロメートルということで、想像していたよりも大きい、というのが素直な感想です。

公園の文化活動の拠点となる施設で、「あかりギャラシー」や「ショップ」「レストラン、アトリウム」などが入っています。

もちろん「イサム・ノグチギャラリー」もあります。

アトリウムは休憩スペースとして利用できる場所です。

公園内の緑の芝生や空がガラス越しに見えるので、自然に囲まれてゆったりとした気分になれます。

太陽の光がたっぷり入り込む造りになっていますので、写真のような影のアートを楽しんだりすることができます。

『モエレ沼公園』には南、東、西の3つの車両用入口がありますが、ガラスのピラミッド「HIDAMARI」に一番近い入口は東口になります。

冬期間はここのみが開放されます。

べる「モエレ山」

冬はスキーが楽しめる「モエレ山」。

人工の山といっても、不燃ごみと小残土を積み上げて造成された山なのです。

ふもとからの高さ52m、10分弱で登れます。

モエレ山の頂上からは札幌市内全体を見渡すことができます。

写真の雪原に残っているのはスキーの跡でしょう。

1Fにあるショップではソリ、長靴、スノーシュー、クロスカントリーなどをレンタルできます。

この日は公園内でクロスカントリーを楽しんでいる人もいました。

大人も子供も遊べる公園

これからは桜が咲き、バードウォッチングが楽しめます。

夏になると水遊びもできる場所や、子供たちの冒険場となる「サクラの森」もあるので、家族連れでも十分楽しめる公園です。

若い世代に人気なのは「海の噴水」。

2019年は4月27日~10月20日に運転されるそうです。

直径48mというダイナミックな噴水から、高さ25mまで水が吹き上がります。

夜にはライトアップされるので楽しみですね。

札幌の訪問の際は是非訪れたい場所です。

施設情報

〒007-0011

札幌市東区モエレ沼公園1-1

TEL:011-790-1231

入場料無料

無料駐車場有

休館日無し(各施設によっては有り)

アクセス:札幌市中心部から車で約30分

新千歳空港から車で約50分(高速道路利用)

バス:地下鉄東豊線環状通東駅から約25分

この記事を書いた人:エゾモモンガ

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^