スポンサーリンク
北見・紋別

「流氷砕氷船ガリンコ号」流氷帯を間近で進む迫力あるクルーズ

流氷クルーズ「ガリンコ号」

冬の北海道を旅する際に一度は見てみたいスポットに流氷があります。

そのうち紋別市と網走市では流氷帯を進む砕氷船の運行があり、毎年大勢の人が乗船しています。

今回ご紹介するのは、紋別市の「ガリンコ号」です。

現在運行中の砕氷船はガリンコ号Ⅱで、初期のガリンコ号よりも少し大きくなりましたが、網走市の砕氷船よりも小さいため、すぐに満員になってしまいますので、早めに予約することをお勧めします。

初代ガリンコ号は砕氷船乗り場近くに展示してありますので、外観だけみることができます。

流氷の海中が見られるオホーツクタワー

砕氷船乗り場の少し先にあるのがオホーツクタワーです。

歩いていくこともできますが、砕氷船乗り場から無料のシャトルバスも運行しています。

大山スカイタワーと異なり高さはないですが、海中にもぐっているため、海の中を見られる展望塔です。

タワーの周りにびっしりと流氷があるときは、タワーからクリオネを見ることができます。

一度は見てみたい白銀のオホーツク海

近年暖冬のため、以前より流氷の量が減ってしまっているので、なかなかいい状態で見られることが少なくなってしまいました。沖までびっしりと見られるのはかなり珍しく、写真のように見られたらとてもラッキーです。

特に紋別市は半島に囲まれていないため、少しでも風が吹くとすぐに流されてしまい、網走市より流氷が長く滞留していないので読みが難しいところです。 

流氷帯を進むガリンコ号

ガリンコ号は少し小さく乗車定員が少ないのですが、海から近いため流氷を砕いて進む様子がよく見えます。

船内1階からはドリルが回る様子を見ることができます。

砕氷船が砕いて進んだ跡はこんな感じになります。

たっぷりと流氷に埋め尽くされたときは、はっきりと通った跡が見えるので綺麗です。

こんなふうに見られるのは稀で、全く氷のない洋上周遊になることもありますので、運が非常に必要になるスポットです。

運がよければ動物が見られるかも

観光パンフレット等には、流氷の上にあざらしが乗っている写真などがよく使われていますが、そのような光景が見られたらかなりラッキーです。

ガリンコ号でも流氷帯になにか動物がいた場合は案内放送がかかります。

アザラシは見られなかったですが、天然記念物のオジロワシは見られたことはあります。

例年ですと2月上旬に接岸初日を迎え、3月下旬に海明けとなることが多いです。

運要素がかなり強くなりますが、運試しに流氷を見にオホーツク地方まで行ってみませんか?

■ガリンコ号

【住所】北海道紋別市海洋公園1番地

【アクセス】JR遠軽駅から北海道北見バス、北紋バス「紋別」行きに乗車し、「オホーツクタワー入口」で下車徒歩10分です。(1日9本)

※紋別バスターミナルから砕氷船乗り場までのシャトルバスの運行もあります。

【ガリンコ号時刻】

*6:00,*7:30,9:00,10:30,12:00,13:30,15:00,*16:10

*印は2月のみの臨時便です

【料金】3000円(流氷がない場合は2500円)

この記事を書いた人:コイチ

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^