スポンサーリンク
十勝北部

「しばれフェスティバル」日本一寒い陸別町で開催する極寒体験するお祭り

日本一寒い町「陸別町」

十勝管内最北にある陸別町は帯広市よりも北見市の方が近い町で、帯広市内からは高速道路を利用して約2時間のところです。

北海道内の天気予報で冬によく出てくる地名で、マイナス20℃以下になる日が多い日本で一番寒い町です。

陸別町では毎年2月に寒さを売りにした「しばれフェスティバル」を開催し、全国から多くの人が訪れます。

極寒の地でひと晩過ごすイベント

「しばれフェスティバル」は、陸別町の厳しい寒さをひと晩すごすというとんでもないイベントなのですが、極寒体験をしてみたいという人が多く、毎年全国各地から人が訪れます。

極寒体験は事前に申し込みが必要で、定員になり次第募集終了となります。

会場にはストーブはなく、唯一暖まれるのは中央にある「命の火」という焚火のみです。

ひと晩過ごすバルーンマンション

陸別町のスタッフが作った「バルーンマンション」でひと晩過ごします。

外よりは若干暖かいですが、冬山用の寝袋でもないと間違いなく凍死します。

ちなみに道民よりも本州からの参加者が多いみたいで、全国放送では奇祭として放送され知名度は高いと思われます。

鹿肉をふんだんに使ったしばれ屋台

会場に宿泊せず夜のイベントだけに参加することも可能です。

イベントではお笑いライブと花火も打ち上がるので、近隣地域の人はこれだけを目的にやってくる人もたくさんいます。

祭りなので屋台も登場し、陸別名物の鹿肉を使った料理をたくさん楽しめます。

ワンコインなので気軽に鹿肉を堪能できます。

寒さを吹き飛ばすお笑いライブショー

旭川市の冬まつり同様、陸別町のしばれフェスティバルも旬の芸人を呼ぶ傾向が強いようです。

私が行った時はマテンロウとデニスの2組でしたが、スタッフがアントニーさんと植野さんじゃない同士を若手芸人と間違えてステージに出させようとしたハプニングも起きていました。

極寒の中の打ち上げ花火

芸人ショーの次はしばれ花火が打ち上がります。

人間耐寒テストに参加しない人は、これが1日目最後のイベントとなります。

泊まる人はこのあと夜明けまでひたすら寒さとの戦いが始まります。

しばれ祭り時は夜間特別開放

陸別町は星も綺麗なところで町内には立派な天文台があり、しばれフェスティバルの時は夜間営業をやっています。

カナダとライブ中継でオーロラライブということを行い、運がよければ衛星中継でオーロラを見ることができるかもしれません。

陸別町は比較的天気がいい日が多いので、冬の澄んだ空気で綺麗な星空を楽しむことができます。

月のクレーターや星の模様もはっきりと見える望遠鏡での天体観測も普段はなかなかできない体験なので、陸別町へ訪れた時には立ち寄りたいところです。

■しばれフェスティバル

【開催時期】2月上旬

※2019年は2月2日と3日に開催です。

【アクセス①】JR帯広駅から十勝バス「陸別」行きに乗車し「陸別」で下車(1日9本)

【アクセス②】JR北見駅から北海道北見バス「陸別」行きに乗車し「陸別」で下車(1日7本)

この記事を書いた人:コイチ

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^