スポンサーリンク
江差・奥尻

北海道の秋の定番イベント鮭のつかみ!江差産業祭り

毎年10月から12月上旬にかけて、北海道各地で行われる秋の定番イベントと言えば、鮭のつかみ取り!

特設プールで水しぶきと歓声の中、元気いっぱいの鮭と格闘するこちらイベントは毎年大盛況です。

地元特産品の販売の他、カボチャのカーリング、栗のすくいどり、イベント最後には和牛肉、カニなどの豪華賞品券の入った餅巻きなどもあり、毎年大変な賑わいの江差産業祭りに、親子で参加してきました。

日時 930日 日曜日 10時~2

場所 えさし海の駅 開陽丸 

濡れても楽しもう! 鮭のつかみ取りってどんな感じ?予約、着替えは?

鮭のつかみ取りが人気な理由は捕まえる楽しさに加え、無料で参加でき、捕まえた鮭は無料で持ち帰れことです。

そのため毎年大人気。

人数制限もあるので、事前に配布される予約券が必ず必要となります。

今回は12時スタートの小学生以下100人用予約券が、9時半に配布されました。

ちなみに12時半からの大人のぶり、ひらめのつかみ取りは、予約券はありませんでした。

スタート前に予約券と引き換えに軍手と、持って帰るように長い袋が配布されます。

確実に濡れるので濡れてもいい服装着替えの持参をお勧めします。

12時いよいよスタート!

100人の子供が一斉に特設プールに入ります。

生きた元気のよい鮭を追いかけます。

一度、尾びれを掴んでも上手く捕まえることができず、皆キャーキャーと歓声を上げながら格闘。

逃げる鮭、追い回す子供達!大声援の中、やっとの思いで捕まえることができました。

続いての大人部では、私はひらめ、主人はブリを捕まえることが出来、トータル4匹持って帰ることができました。

一度車に戻り、魚たちは持参の発泡スチロールの箱でお休み。

私たちは着替えて他のイベントに参加しました。

椅子や箸つくり、ゲームなど親子で楽しめるイベント、景品も盛りだくさん!

予約券の配布の後は、港内のクルージングに乗船。

その後干しシイタケ、栗などのつかみ取り、ジャガイモ詰め放題、さらにスタンプラリーもあり、全て揃えて大根をいただきました。

野菜のつかみ取りの後は、杉の木で椅子作りに挑戦。

慣れない道具を使いながら立派な椅子ができあがりました。

他にも箸つくりやカボチャのカーリングなど、子供達も大喜び。

イベント終了時にはかたっこ餅巻きもあり、肉などの豪華賞品は当たりませんでしたが、カレーと炊き込みご飯の引換券が当たり、お土産をたくさん持って帰ることができました。

この記事を書いた人:マコミ

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^