スポンサーリンク
釧路・阿寒湖

深い摩周ブルーの美しさ!「摩周湖」

道東地方の町、弟子屈町(てしかがちょう)。

日本最大のカルデラ湖「屈斜路湖」や活火山「硫黄山」など、雄大な自然を間近で感じられるスポットが多数存在します。

そして、全国的にも有名な湖「摩周湖」もここ弟子屈町にあります。

摩周湖の概要

「摩周湖」は、日本で一番、世界でも二番目に透明度の高い湖として知られています。

湖の西側に「第一展望台」「第三展望台」が、東側に「裏摩周展望台」があります。

第一展望台のみが有料です。

ここでは、第三展望台について紹介します。

・住所:〒088-3200 北海道川上郡弟子屈町

・アクセス:JR摩周駅からバスで約50分

・駐車場:無料

・料金:無料

・営業時間:24時間(4月下旬~10月)

摩周湖の第三展望台

摩周湖の第三展望台は国道52号線沿いにあります。

小さいですが看板も立っています。

第一展望台と比べて駐車台数は少なく、お土産屋さんやトイレもありませんが、駐車は無料です。

道路を挟んで向かい側の階段を上っていきます。

横断の際は気をつけましょう。

目の前に広がる摩周ブルー

階段を上るとすぐに、摩周湖が目の前いっぱいに広がります!

「摩周ブルー」とも呼ばれる深い青色がとても美しいです。

展望台は、湖に沿うように通路が広がっています。

上っていくと、ちょっとした広場があります。

摩周湖の碑もあるので、写真を撮るのに最適な場所となっています。

湖の色や景色も見る場所によって微妙に違ってきます。

光の加減でしょうか、通路を進んで行った広場の方が、湖の青色はより明るく、鮮やかに見えました。

「霧の摩周湖」として有名な摩周湖ですが、晴天でも美しい摩周ブルーを楽しめますよ!

この記事を書いた人:マリ

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^