スポンサーリンク
札幌

ツルツル路面の歩き方とフォトジェニックスポット赤レンガテラス

北海道は冬真っ盛り。

今季は冬の訪れが早いため、日々雪かきに追われています。

積雪量があるという事は、足元も危ないという事。
夏と同じ感覚で歩みを進めると、思わぬ事故につながります。

筆者自身は過去に道の真ん中で転倒し、大きな痣を作ってしまった事がありました(笑)

冬道ではなるべく歩幅を小さく、しっかりと地面を踏みしめるように歩く事を意識しましょう。

テレビで聞いた例え話ですが、『ペンギンのような歩き方』を意識すると良いそうです。

慣れない方はスパイクシューズを履いたり、お持ちの靴に取り付けるスパイクを利用するのもいいでしょう。

ツルツル路面に慣れて来たら、歩いて行ってみてほしい、フォトジェニックな場所があります。

札幌市中心部、札幌駅と大通公園の間に位置する赤レンガテラス。

ビルとビルの間の並木道、その向こうに北海道庁旧本庁舎(道庁赤レンガ)があり、絵になる景色が楽しめます。

真っ白い並木道の向こうに見える赤いレンガの北海道庁旧本庁舎。

冬しか見られない景色を見にお越しの際は、足元に十分ご注意下さい。

赤レンガテラス

住所:札幌市中央区北2条西4丁目札幌三井JPビルディング

この記事を書いた人:渡辺リリオ

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^