スポンサーリンク
室蘭・登別・洞爺

「大湯沼川天然足湯」は登別温泉にある秘境

登別温泉とは

北海道登別市にある温泉で、なんといっても魅力は泉質の豊富さ!自然湧出量1日1万トン。

9種類の泉質が湧出していることから「温泉のデパート」と言われ、「にっぽんの温泉100選」では上位にランクインしています。

登別といえば地獄谷

登別は至る所から源泉が湧いていますが、その多くは地獄谷からの湧出です。

約1万年前、倶多楽(くったら)火山の大噴火によってできた爆裂火口の跡地で、今もなお活火山として活動を続けております。

もうもうと立ち上がる熱湯や水蒸気、そして火山ガスが噴出し、あたり一帯硫黄の匂いが漂います。

足湯の源 大湯沼(おおゆぬま)

地獄谷から車で約5分ほど山奥に進むと「大湯沼」があります。

日和山が噴火した時にできた爆裂火口で、周囲約1キロ、ひょうたん型の沼で、沼底では約130度の硫黄泉が激しく湧出し、表面でも約40~50度の熱さ!

駐車場(有料)があるので大湯沼に車を止め、歩いて足湯まで行きましょう。

大湯沼川天然足湯

自然の川がそのまま温泉に!?

大湯沼から溢れ出る湯の流れを利用してできた「足湯」が秘境ともいわれ話題になっています。

大湯沼駐車場から約5分ほど歩くと「大湯沼川探勝歩道入口」の看板があり、ここからが冒険っぽくワクワクします。

足湯までは徒歩約5分、そのまま案内に従って進むのみ!

このような階段から始まります。

足湯までの道のりは整備され歩きやすいですが、階段の上がり下がりが続いてるので運動にもなります。

上流は大湯沼から流れる川の温度が高く、モクモク湯気がたっている川沿いを進んで行きます。

まだモクモクと湯気が上がる川で熱さを体感する人も!

温泉の成分が岩まで付着し緑色に。

長年かけて形成された歴史を感じます。

足湯までもう少し!

足湯到着!

川の窪みを利用した所に丸太を並べた板場があります。

座る時に濡れないように、水泳のビート板のような材質の座布団が掛かっています。

心遣いが嬉しいですね。

タオルの持参は忘れずに!

さっそく裸足になって足を浸しましょう!

川底に溜まった湯の華が巻き上がります。

上流は熱湯ですが、川を流れるうちに適温になります。

泉質は硫黄泉で色はやや灰色がかった乳白色。

足元は天然の石がゴロゴロ転がっているので、足を動かすと足つぼの効果がありますよ!

足湯の温度は約40~43度、場所によって熱いぬるいがあるので、自分好みの場所を見つけてくださいね。

身体の芯までぐっと温まります!

周囲は緑が生い茂り、川の流れる音。

大自然に囲まれ贅沢な時間をお過ごしください。

冬でもしっかり除雪されているので入れます。

寒いので防寒対策、足元は滑るので冬靴の支度はしっかりしてくださいね。

【大湯沼川天然足湯情報】

住所: 登別市登別温泉町

駐車場: 有

(大湯沼駐車場 500円)

お問い合わせ: 登別国際観光コンベンション協会まで

ホームページ: http://www.noboribetsu-spa.jp/

この記事を書いた人:ezo-tabi

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^