スポンサーリンク
札幌

「HBCグリル」は一般人利用OKのテレビ局社員食堂!中央区

HBC(北海道放送株式会社)は北海道で一番古い民間テレビ局ですが、その地下に社員食堂があるのはあまり知られていません。

社員以外の利用も可能な穴場スポットです!

まずは食券を購入

HBCのマスコットキャラクターである「もんすけ」があちこちに貼られており、券売機にもその姿がありました。

日替わりのランチや麺類など、規模のわりにはメニューが豊富なことに驚きました。

(席数70程度)

食券をカウンターに出すと番号札が手渡されます。

水、お茶は当然セルフです。

卓上の調味料は、醤油・ソース・胡椒・一味唐辛子。

マヨネーズやドレッシング類は受け取りカウンターにありました。

チキンカレー720円

私が行ったのは13時過ぎだったので、ほとんどのメニューが売り切れ・・・。

すぐに出てきそうなものを、と思いチキンカレーを注文。

しかし提供まで時間がかかりました。

既にたっぷりとカレールーがかかっているにも関わらず、カレーポットまで付いてくるのですか!?

個人的にはルー多めで食べたい派なので、大感謝です♩

提供まで時間を要した理由は、チキンにありました。

ほろほろに煮込んだものだと勝手に思い込んでいましたが、皮目をしっかり焼いたチキンソテーがのっているのです。

噛み応えも旨みもあって、中辛口なルーとよく合います。

サラダとスープがついているのも嬉しいですね!

カウンターにあった粉チーズも少しだけかけてみました。

カレー推し?

店内のPOPでは、どうやらカレー推しのよう。

本当は北野菜カレーを食べたかったので、リベンジしたいと思います!

その他にも、穴子天丼やあんかけ焼きそばなどが人気メニューだそうです。

大通界隈の穴場ランチスポットなので、是非足を運んでみてください。

もしかすると、アナウンサーやタレントさんも見かけるかもしれませんよ!

「HBCグリル」

札幌市中央区北1条西5 HBC北海道放送 地下1階

011-232-1336

営業時間 10:30~17:30

定休日 土日祝

駐車場なし

地下鉄大通駅から徒歩5分

この記事を書いた人

アキクサインコ

小鳥が好き。
お酒が好き。
B級グルメが好き。

座右の銘は「NO RA-MEN,NO LIFE.」
スープを完飲するのが、
お店への最大の敬意だと思っている。

得意ジャンルはラーメンと安酒場。
今後注力したいのは、昼飲みスポット。

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^