スポンサーリンク
留萌・羽幌

羽幌産直工房きたる 日本海の幸の宝庫!!

羽幌で海産物を仕入れたいなら、この「産直工房きたる」が超おすすめ!!

何と言っても、北るもい漁協が運営している店なので、羽幌だけではなく、近隣の街の特産品がズラーッと勢ぞろいしているんです。

オロロンラインの名産品がズラッと

店内にはデカい冷蔵庫があって、中を覗いてみると、羽幌と近隣の街の海産物がいっぱい♪

羽幌産の甘エビ塩辛とキムチ、苫前産八角の南蛮漬けと一夜干し、天塩産のシジミ等々、日本海、オロロンラインの海の幸がギッシリ。
おっと、「甘エビの三升漬け」ってやつも気になる一品ですねぇ~。
そして、出ました!! 羽幌と言ったら甘エビ。

甘エビの出汁が効いた塩味・醤油味ラーメンがこちら!!

デビューから少しして海老の旨味油も加わって、更にパワーアップしたんですって♪
そしてこちらは甘えびカレーだ!! なんかもう甘エビの風味が溶け込んだ味が想像できてよだれが…
その他にも各地の美味しそうな品々があれこれ並んでいますよぉ~( ̄∇ ̄)v

北るもい漁協の各地の真打登場!!

初山別が天然真フグの産地だって知ってました?

そうなんですよ。

羽幌町の隣り町、初山別町では天然の真フグが獲れるんです。

そのフグの骨からお出汁をとって製品化したのがこれ。「ふくだしそばつゆ」です。

深みのある味は、蕎麦つゆだけじゃなく、炒め物や煮物にも使えそうですよ。
そしてこちらは天塩産のシジミの出汁を利かした「シジミラーメン」です。

天塩産のシジミが具になっているのがまた嬉しいですよねぇ(^^♪

出たぁ~!! 羽幌の極めつけはこれだぁ~♪

羽幌に行ったらはずせない!! 絶対にはずせないっ!!そう。それは甘エビ!!

見よ、この美しい姿を!!\(^o^)/
漁期を外して行ってもご心配なく。冷凍の甘エビがあるんです!!

独自の急速冷凍の技で、解凍時にドリップはほぼ無し。

生と同じ味わいを楽しめますからね。

刺身で頂く場合は、頭をチューチュー吸っちゃってもいいし、頭からは濃厚なスープもとれるんです。

羽幌に行ったら甘エビ仕入れるのを忘れちゃダメよ!!

潮の香かおる羽幌港の中央埠頭にある「産直工房きたる」さん。

羽幌で海の幸を仕入れるなら、ここを訪ねてみてはいかがでしょう?

【羽幌町 産直工房きたる】

北海道苫前郡羽幌町港町1丁目36

TEL. 0164-68-7700

営業時間:9:00~16:00

定休日:木曜日

この記事を書いた人

hoshiboo

1959年産。
函館で生まれ育ちましたが、キャンプで全道を回るうちに道北の小さな集落に惹かれ
そこに友人も何人か出来てしまって、十数年前に移住。
山間部で家庭菜園を楽しみながら、時々旅している地産地消を推すおっさんです。

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^