スポンサーリンク
夕張・岩見沢・空知

「かまだ屋」は岩見沢人熱愛の元祖ファストフード!

ファストフードというと、ハンバーガーチェーンや牛丼チェーンなどを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

岩見沢市民にとってのファストフードは、蕎麦!うどん!ラーメン!

市内に4店舗を構える「かまだ屋」は、製麺会社が運営している飲食店です。

長い間、岩見沢市民の胃袋を支えてきたファストフードの元祖なのです。

衝撃価格!!!!

まずは食券機で食券を購入して、L字型のカウンターに着席します。

券売機の表示されている価格にご注目ください!

一番高いものでも360円です。

麺類以外にはサイドメニューとしてライスや漬物、その他トッピング類。

ライスと生卵を頼んで、卵かけご飯にしている人も見かけます。

310円の天ぷらそばとは?

天ぷらそばとたぬきそばが同額というのは、一般的な蕎麦屋さんだとあり得ないですよね?

ここでの天ぷらそばは、具が入らずタネだけを丸いかき揚げ状にしたもの。

たぬきそばは、かき揚げ状ではなくバラけたものなので見た目もちょっと違ってきます。

製麺会社の実力

冒頭でもお伝えしましたが、元々は市内の飲食店に麺を卸している製麺会社です。

となると、麺の美味しさは折り紙付き!

立ち食い蕎麦のように、茹で麺をサッと温めるだけなのですが、しっかりとした噛み応えと蕎麦の風味があります。

時間が経つと、汁を吸って天ぷらがしんなりしてくるのですが・・・

これが麺にまとわりついて美味しいのです。

カレーの不思議

カレーそば、カレーうどん、カレーライスも人気。

そば・うどんをオーダーする時に必ず聞かれることがあります。

「汁はいれますか?」

汁を入れずにカレーだけをかけるか、和風出汁とカレーのドッキングを楽しむか、選ぶことが出来るのでした!

ちなみにこの画像は、汁ありのカレーそば。

和風出汁の効いたラーメンも、根強い人気がありますよ。

愛されるのには理由がある

 「かまだ屋」が長く愛されているのは、その安さだけではありません。

自家製麺だけではなく、天然素材のスープにもこだわりがあります。

創業から50年以上。

地元を離れてもこの味と雰囲気を味わいたくて、定期的に訪れるファンが後をたちません。

ドライブがてら、ぜひ伝統の味を楽しんでくださいませ。

「かまだ屋 大和店」

岩見沢市大和1条7丁目3-32

0126-24-2342

営業時間:9時30分~19時

定休日:毎週水曜日・毎月第二火曜日

駐車場あり

※岩見沢市内に他3店舗あり

この記事を書いた人

アキクサインコ

小鳥が好き。
お酒が好き。
B級グルメが好き。

座右の銘は「NO RA-MEN,NO LIFE.」
スープを完飲するのが、
お店への最大の敬意だと思っている。

得意ジャンルはラーメンと安酒場。
今後注力したいのは、昼飲みスポット。

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^