スポンサーリンク
夕張・岩見沢・空知

福龍(フーロン)飯店は、地産地消の中華のお店!!

場所は滝川市の国道12号線沿いにある「道の駅たきかわ」の中。

道の駅自体は12月1日から3月末日まで、トイレ以外は閉まっているのですが、ここ福龍飯店は11時から15時まで営業しています。

厨房に注文が届く券売機で食券を購入~♪

店内に入ったら、まず奥のカウンター近くにある券売機で食券を買います。

日替わりランチは店員さんに直接注文。

この券売機は、発券されたその時に厨房に注文が入る様になっているので、混雑時でも混乱する事が無いそうですよ。

席につくと、テーブルにはこういうものが置いてありましたよ。

「地産地笑」って言うのがいいですね。
実際はもっともっと地産地消にこだわっていて、豚肉は地元のSPF豚を一頭買いして使用。

味噌、醤油、出汁の材料も地元や北海道産。

野菜は地元の旬のものを中心に使っているそうです。

豪快な見た目にビックリ~♪

さぁ、いよいよ注文した品物達の登場ですよ~!!

この日は3人で行ったのですが、まずは担々叉焼麺がやって来ました。
驚いたのは叉焼のボリューム。

肩ロースのソフトタイプのものが3枚と、醤油味が効いた歯ごたえのあるバラ肉のものが3枚。

これは食べごたえがあります。

担々麺のスープは、練りゴマの風味が効いていて濃厚。

次にやって来たのは味噌叉焼麺。
こっちの方が叉焼の様子がよくわかりますね(^^

半熟の茹で卵も入って、もやしと挽肉が味噌スープにいい味わいを醸し出していました。

麺の量は普通だと思うんですが、叉焼のボリュームでかなりズシンと来ます。

そして見た目も美しい五目あんかけ焼きそば!!
プリプリのデッカイ海老が入っていて、野菜もタップリ。

餡の味付けがまた絶妙です。

旬の地元の野菜を使っているので、今の時期はゴボウが入っていて、独特の風味を楽しめましたよ♪

食べログかなんかでこの料理に関して、「中華餡にゴボウって変!!」みたいなレビューを見たことがありますが、私は、旬の地元の野菜を使ってくれている有難さに感動しましたよ~\(^o^)/

棒餃子の名前は「たきかわ餃子」!!

三人でつっつこうという事で、この日は棒餃子も10本注文していました。
皮の小麦粉も具材の豚挽き肉も滝川産なので、「たきかわ餃子」と命名されています。

このたきかわ餃子。皮がパリッパリで噛むとモチモチ。中の餡はジューシー。

他では味わえない絶品餃子ですよ~( ̄― ̄)

いや~、凄いボリュウムでしたけど、なんとか完食しました。

ご馳走様でした~!!

道内に中華屋さんは数あれど、ここまで地産地消にこだわったお店はそうないはず。

滝川方面にお寄りの際は、是非ここ福龍飯店で、地元食材を使った美味しい料理を味わってみて下さいね~♪

【滝川市 福龍飯店】

北海道滝川市江部乙町東1

営業時間:11:00~15:00(3月以降変更の可能性あり)

定休日:木曜日(月により変更の可能性あり)

※営業時間、定休日については、電話でご確認ください。

この記事を書いた人:hoshiboo

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^