スポンサーリンク
旭川・層雲峡・大雪山

北海道のお菓子と四季の庭を楽しむ「き花の杜」

旭川の銘菓「き花」をご存知ですか?

「き花の杜」は創業80年余年の壺屋総本店が運営するお菓子と、旭川のおみやげを集めたお店です。

「より旭川らしく」というコンセプトで作られた「き花の杜」。

建物の周りは木に囲まれ、ガーデンの中にあるかのように美しい建物で魅力が盛りだくさんです。

「き花」の生産工程を見よう!

旭川銘菓「き花」をつくる様子が、ガラス張りの見学通路から見ることができます。

(12:30~14:00の間はお休みですので気を付けてください。)

壁面には「き花誕生物語」が書かれています。

通路を進むと右手には工場、左手には庭。

菓子ギャラリー

「き花」はもちろん、壺屋のおなじみのお菓子・最新作やケーキ・オリジナルの北海道菓子がそろいます。

「き花」はホワイト、いちご、ショコラ、期間限定の味などの全てがそろっています。

人気なのは「窯出しアップルパイ」。

期間限定で販売されています。

食べよう!

「き花の杜」の楽しみの一つ、ゆっくりと味わえるスペースが工夫されています。

その一つは CAFE文欒。

ソフトクリームやミニパフェ、作り立てのケーキセットを庭を眺めながら味わえるスペースが設けられています。

地元の旭川家具の椅子も訪れる人の癒しになります。

夏にはガーデンの中にテラス席が設けられます。

テイクアウトメニューをくつろぎながら味わえるコーナーもあります。

写真は眺めのいい2階席。

本も自由に読めるスペースが用意されています。

おみやげ品も豊富、旭川特産品が多数

「き花の杜」には壺屋の商品以外にも、旭川三大酒蔵(男山酒造、高砂酒造、大雪乃蔵)の地酒を取り扱っています。

また地元作家の木工や陶芸の作品も取り揃えているのです。

「ミドリとハナコ」というグリーン&フラワーショップもあり、お土産としてはもちろん、お使い物にも十分な種類の花や、ブーケ、アレンジメントフラワーが取りそろっています。

美味しいお菓子の他にも

ケーキ作り体験やフラワーアレンジメント教室など、多彩な催し物が用意されています。

筆者が訪問した時には「しめ縄教室」が行われていました。

お子さん連れでも、十分品定めができるようにキッズスペースも用意されており、至れり尽くせりのお店です。

施設情報

住所:旭川市南6条通19丁目

TEL:0166-39-1600

営業時間:9:30~19:00(不定休)

CAFE文欒;10:00~17:00(LO 16:30)

ランチタイム;11:00~14:00

ミドリとハナコ;10:00~18:00

き花の杜セレクション;10:00~18:00

JR旭川駅から車で10分

旭川鷹栖インターより車で25分

旭川駅近くの「1条8丁目」のバス停より 33番 乗車 10分 南6条19丁目下車

この記事を書いた人:エゾモモンガ

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^