スポンサーリンク
稚内・利尻島・礼文島

利尻富士に美しい沼、絶景スポットが点在する「利尻島」

北海道北部、稚内市の近くに浮かぶ利尻島。

円形の島の中央部には利尻山がそびえ、一度は行ってみたい観光地として有名です。

ここでは、利尻島の代表的な観光地やグルメについて紹介します。

雄大な自然と利尻山が一望できる「姫沼・オタトマリ沼」

鴛泊港のフェリーターミナルから車で10分ほど南下したところに、「姫沼」があります。

勾配の急な坂を登った先に駐車場があり、そこから橋を渡って沼に向かいます。

橋を渡ったところにある管理棟周辺は、絶好の撮影スポットとなっています!

沼の周囲は約800mあり、遊歩道を歩いて湖畔を巡ることができます。

さまざまな植物や山々が望め、天気が良ければ雄大な利尻山の姿を拝むこともできます。

また、姫沼から車でさらに20分ほど南下すると、「オタトマリ沼」があります。

こちらも、美しい自然が一面に広がり、沼の周りには遊歩道が整備されています。

オタトマリ沼から望む利尻山は、北海道を代表するお菓子「白い恋人」のパッケージにも描かれたものなんですよ!(写真では残念ながら雲に隠れていますが…)

オタトマリ沼の入り口付近には3軒の売店があります。

ウニの軍艦やホタテ焼きなど利尻島周辺で獲れた新鮮な海の幸のほか、ソフトクリームなどのデザートも楽しむことができます。

「姫沼」のアクセス

・住所:〒097-0101 北海道利尻郡利尻富士町鴛泊湾内

・アクセス:鴛泊フェリーターミナルから車で約25分、利尻空港から車で約15分

・駐車場:無料(約30台)

・時間:24時間、11月から4月は閉鎖

「オタトマリ沼」のアクセス

・住所:〒097-0211 北海道利尻郡利尻富士町鬼脇沼浦

・アクセス:鴛泊フェリーターミナルから車で約10分、利尻空港から車で約30分

・駐車場:無料(約30台)

・時間:24時間、11月から4月は閉鎖

昆布出汁が効いた焼き醤油ラーメンが絶品!ラーメン店「味楽」

利尻島の西側、利尻町の中心街に位置するラーメン店「味楽」。

離島にあり、営業時間は昼の2時間半のみであるため、「日本一訪れるのが困難なラーメン店」とも言われています。

しかし、利尻島を訪れた方がこぞって来店するからでしょうか、連日行列の絶えない人気店となっています。

こちらの名物は、焼き醤油ラーメン(税込み800円)。

濃厚な焦がし醤油風味のスープで、利尻昆布の出汁もふんだんに使われています。

他のラーメン店ではなかなか味わえない旨味の効いた一杯で、マツコ・デラックスもテレビで絶賛していました。

「味楽」のアクセス

全国の百貨店の北海道物産展や、新横浜ラーメン博物館にも出店しているそうです。

お時間に余裕がなければ、そちらを訪れてもよいかもしれません。

・住所:〒061-3373 北海道利尻郡利尻町沓形字本町67

・アクセス:鴛泊フェリーターミナルから車で約20分、利尻空港から車で約15分

・駐車場:無料(店舗横、約8台)

・時間:11:30~14:00、木曜日定休

・電話番号:0163-84-3558

この記事を書いた人:マリ

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^