スポンサーリンク
苫小牧・日高

厚真町ランタンまつり&スターフェスタ 5000個のランタンが見事!

厚真町は新千歳空港から車で30分くらいのところにあるアクセスのしやすい所です。

夏は「あつま田舎まつり」、冬は「ランタン祭り&スターフェスタ」が2大イベントです。

「ランタン祭り&スターフェスタ」は「こぶしの湯あつま」周辺で開催され、約5000個ものアイスキャンドルが灯ります。

内陸の町で夜はとても寒いため、ココアと甘酒と日本酒の無料サービスがあります。

まつり名物「ジンギスカンのランタン焼き」も登場し、夜空のもとでランタンを見ながら熱々のジンギスカンが味わえます。

ジンギスカン以外にもホルモンや海鮮もなどもあります。

厚真のおいしいお米を使ったおにぎりなども販売しています。

外はさむくて嫌だという人は温泉内にあるレストランでの食事をおすすめします。

肉があふれんばかりに盛り付けられた豚丼は、ボリュームがありに人気があります。

豚肉、お米、お米を炊くための炭まで厚真町産です。

そして盛り付ける器まで厚真町で作られたオール厚真町な豚丼です。

タレントショー的なものはないですが、賞品がもらえるイベントが多いです。

子供限定のお菓子つかみ取り、大人限定の熱々ラーメン早食い、餅まき&お菓子まき、厚真町の特産品がもらえるじゃんけん大会があります。

餅まき&お菓子まきは大人も大興奮となるため、参加の際には十分注意が必要です。(冬なので下が凍っています)

厚真中央小学校の生徒が作った紙のランタンが、こぶしの湯の前に並んでいます。

とても絵心のある子とかもいるので、一つずつ見て回るのも楽しいです。

毎年干支にちなんだイラストがあります。

2018年は戌年なので犬のイラストでした。

全部で5000個のランタンが会場全体を埋め尽くしているので、見応えがあります。

少し離れた道道まで行くと全体を見ることができます。

同時期に小樽の雪あかりの路があるため、観光客の大半が小樽へ行ってしまうため、ここへ訪れる人はほとんどいません。

そのため記念撮影スポットも常に空いているので、写真が撮り放題です。

19時過ぎになると巨大干支文字焼きが実施されます。

航空便によって新千歳空港着陸の際に厚真町の上空を通過する時もあるので、上空からも見えているのかもしれません。

干支の文字が完成したら2000発の花火が打ち上がります。

道は通行止めにならいないので結構車が通りますが、街灯は消えるので綺麗に見えます。

高さのあるスポットから適度な距離で打ち上がるため、キレイに見ることができます。

空港から近いですが、最終バスが早いため公共交通機関の場合、最後まで見ることができません。

そのため干支文字焼きと花火を堪能する場合は、冬道を運転する必要があるため、本州の人にはややハードルが高いところです。

こぶしの湯あつまに宿泊すれば公共交通機関でも見ることが可能です。

■厚真町ランタンまつり

【開催時期】2019年2月2日

*復興の願いを込めて厚真町ランタンまつりが盛況でありますように。

【アクセス】JR早来駅からあつまバス厚真行きに乗車し、リハビリセンターで下車です。(1日12本)

※土日の最終バスが18時台なので花火は見られません。

※会場の「こぶしの湯あつま」には宿泊施設もあります。

この記事を書いた人:コイチ

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^