スポンサーリンク
函館

日本海とあわびの湯 八雲町熊石ひらたない荘

太平洋と日本海に挟まれた日本国内でも珍しい町、八雲町。

2005年に旧八雲町と旧熊石町が合併し、日本で唯一太平洋と日本海を擁する町が誕生しました。

今回は旧熊石町地区にある“熊石ひらたない荘”を紹介します。

国道229号線追分ソーランライン沿いに光る看板があります。
そこから東へ行くと、緑に囲まれた美しい外観の建物が見えて来ます。

広い駐車場には100台の車を駐車出来るので、グループで行くのもいいですね。

ピカピカのロビーとレストランの間に券売機がありますので、入浴料金を支払い、すぐそばのフロント係員さんに入浴券を渡して下さい。

大浴場へ向かう途中、町の特産品“あわび”の資料コーナーがあります。

世界中に分布するあわびの種類や貝殻、あわびの生態を学ぶ事が出来る、このコーナーは必見です。

あわびの資料コーナーを過ぎると、大浴場があります。

広々とした大浴場には、大きな浴槽・ジャグジー、サウナ・露天風呂などがあり、ゆったりと温泉を満喫する事が出来ます。

ジャグジーの浴槽の形ですが、よ~く見るとなんとあわびの形をしています。

無色透明のナトリウム塩化物泉は、冬の寒さで冷え切った体を温めてくれます。

熊石ひらたない荘

住所:二海郡八雲町熊石平町329
電話番号:01398-2-4126
日帰り入浴営業時間:11:00~22:00

この記事を書いた人:渡辺リリオ

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^