スポンサーリンク
大沼・松前・長万部

「さらんべ公園」ニリンソウの絨毯が見事な八雲町の桜スポット

函館市から北へ80kmの距離にある八雲町。

函館市と室蘭市のちょうど中間あたりにある自治体です。

北海道新幹線の新函館北斗駅の次の停車駅となるため、注目も集めています。

そんな八雲町の市街地のはずれにある“さらんべ公園”は、全国版の桜開花情報にも掲載している桜スポットです。

近くに函館や森といった強力なライバルがいるため存在感がやや薄いですが、さらんべ公園ならではの見方もあるのでこちらもお勧めです。

今回は八雲町さらんべ公園の桜を紹介します。

桜はエゾヤマザクラとソメイヨシノの2種類

北海道の桜というと大半がピンク色の濃いエゾヤマザクラです。

美唄市より北には自生していないため、ソメイヨシノが見られるのは貴重な公園なんです。

さらんべ公園では、淡いピンク色のソメイヨシノと濃いピンク色のエゾヤマザクラ2種類が共演しています。

そのため2色のコントラストの桜を見ることができますよ。

ニリンソウの群生も楽しめる

さらんべ公園というと桜のみ注目されますが、桜の木の下にはニリンソウの群生もあります。

一本の茎から二つの花茎に分かれて花を咲かせるのが特徴で、若芽はアイヌたちの貴重な備蓄食料として採取されていたようです。

そのためなのか北海道内ではわりと見かける花ですが、東京都など一部地域では絶滅危惧種に指定されている貴重な野草なんですよ。

桜とニリンソウの共演

公園の奥の方まで行かないといけないため若干わかりくいですが、芝生の中に白い絨毯があるところがニリンソウの群生地です。

嬉しいことにニリンソウと桜が満開の時期は一緒の為、桜とニリンソウの共演が楽しめます。

北海道内には色々な桜スポットがありますが、ニリンソウと一緒に見られるのは「さらんべ公園」だけだと思います。

通過されがちな自治体ですが、ホタテエキスたっぷりで美味しく白い見た目が変わっている二海カレーや噴火湾展望台もあり、桜以外にも楽しめるスポットがある八雲町。

さらんべ公園は八雲インターからも近いので、函館方面にドライブするときに立ち寄りたいところですね。

■さらんべ公園

【住所】北海道二海郡八雲町浜松368番地8

【アクセス】JR八雲駅からバス停から徒歩10分

【HP】https://www.town.yakumo.lg.jp/soshiki/kouen/kouen-12.html

この記事を書いた人:

コイチ

気が付いたらアラフォー。
大泉洋と同じ高校出身な北海道在住の旅人ですww
北海道内179市町村の温泉・登山・お祭りめぐりと
北海道内でイッテQみたいなことしています(笑)

179市町村しょっちゅう出かけているのは、恐らく自分とブギウギ専務くらいww

たま~に本州にも出没してます。
西でも東でもない変わった食文化がある名古屋が最近のお気に入り。

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^