スポンサーリンク
根室・別海・羅臼

高い雪壁に囲まれた道「知床雪壁ウォーク・羅臼コース」

毎年4月に斜里町と羅臼町を結ぶ国道334号線開通前の道を歩くイベントがあります。

羅臼コースが午前出発、ウトロコースは午後出発ですが、知床峠が開通していないため1回で両方参加するのは不可能です。

今回は羅臼コースの紹介です。

知床峠手前2kmのウォーキング

羅臼側からは知床峠まで除雪されていないため、知床峠2km手前からスタートし、知床峠頂上手前を登って行き、除雪状況を見学したあと8km下りなので合計10kmです。

ウトロコースよりも距離が長いですが、羅臼側の方が雪の量が多いです。

知床峠までの除雪作業を見学

ウトロコースは知床峠頂上まで行けますが、羅臼コースは頂上手前までです。

残り数週間で国道334号線を全通させるため、日夜除雪作業が行われています。

雪の量も多いため迫力がある除雪作業を楽しむことができます。

除雪作業を見学後はゴールまで8kmのウォーキングとなります。

根室海峡越しに国後島を見ながら歩く

ウトロコースは知床峠で国後島を見たら見られませんが、羅臼コースはゴールまで国後島を眺めながら歩くことができます。

その代わり知床峠まで行かないため、羅臼コースではオホーツク海を見ることができません。

はまって遊ぼう

ウトロコースにも人型スポットがありますが、羅臼コースの方が雪の量が多いためたくさんあります。

キャラクターが描かれたものもあります。

いろいろな人型にはまって写真撮影するのも楽しいですよ。

高い雪壁に囲まれた道

羅臼コースの方が距離は長いですが、雪壁の高さを楽しめます。

雪の量が多いときは10mを越すこともあります。

景色も見られて気軽に参加してみたい人はウトロコース、歩くのが平気で雪壁を楽しみたい人は羅臼コースに申し込むとよいでしょう。

知床雪壁ウォーク・羅臼コース

【アクセス】JR釧路駅から羅臼行きに乗車し、羅臼で下車です(平日4本、土日2本)

【開催時期】4月中旬

【受付時間】道の駅知床らうす8時30分集合

※2019年度は4月14日に開催

集合時間が早いため羅臼町内で前泊する必要があります

主要都市から羅臼まではどこからも遠いため運転にも注意しましょう

釧路:3時間、帯広:5時間、網走:2時間30分、旭川:6時間、札幌:7時間30分

この記事を書いた人:コイチ

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^