スポンサーリンク
北見・紋別

悠々自適にくつろぐアザラシ!「オホーツクとっかりセンター・アザラシランド」

オホーツク海に面する紋別市。

冬には流氷が海岸近くまで接近し、砕氷船「ガリンコ号II」が観光客で賑わいます。

そんな紋別市にある「オホーツクとっかりセンター」では、かわいらしいアザラシたちの姿を観察することができます。

オホーツクとっかりセンターの概要

「オホーツクとっかりセンター」は、日本で唯一の海獣保護施設であり、アザラシのみを保護・飼育しています。

「とっかり」とは、アイヌ語でアザラシを意味する「トゥカラ」に由来します。

なお、このセンターにはアザラシの観察・保護施設「アザラシランド」と、アザラシとのふれあい体験施設「アザラシシーパラダイス」の2つがあります。

以下では「アザラシランド」について紹介します。

・住所:〒094-0031 北海道紋別市海洋公園2

・アクセス:紋別バスターミナルから車で約8分

・駐車場:無料

・入場料:大人200円、小中高100円、幼児無料

・営業時間:10:00~17:00

水面に浮かぶアザラシたち

入場料を払ってゲートをくぐり、階段を上がります。

すると、アザラシたちの生息する広いプールが見えてきます。

元気に泳ぎ回っているアザラシたちもいますが…

大多数はなぜか直立で水面に浮かんでいます。

浮かび方も個体によって微妙に違います。

それぞれ、お気に入りの姿勢があるのでしょうか。

動きこそ少ないですが、この様子がとてもキュート。

ときどきこちらに目をやったり、また目をつぶったり…。

見ていて飽きません。

アザラシのエサやりタイム

このように、普段は水面にボーっと浮かんでいるアザラシですが、エサの時間には飼育員さんのそばに集まってきます。

エサの時間は、10:30~、11:30~、13:30~、14:30~、15:00~の1日5回で、各10分程度。

私たちがエサをあげることはできませんが、飼育員さんによる解説が聞けます。

また、アザラシと一緒に写真を撮ることができます。

さっきまで水面にいたアザラシも、陸に上がってきてエサをねだります。

お時間があえば、ぜひエサやりを間近でご覧ください。

泳ぐアザラシの姿も観察できます

帰り際、通路からはプールの中を観察できます。

水面では休んでいましたが、水中では軽やかに泳いでいるのだな、ということがよくわかります。

さまざまなアザラシの姿が楽しめる「オホーツクとっかりセンター」、ぜひ足を運んでみてくださいね!

この記事を書いた人:マリ

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^