スポンサーリンク
大沼・松前・長万部

福祉のまち黒松内から心を込めて ハンドメイドレターセット&割り箸セット

美しい町黒松内町についてご紹介する記事もこれで3回目となりました。

黒松内町は福祉のまちでもあり、小さい子供からお年寄り、障がいを持った方にも優しく、助け合い・思いやりの心があふれるあたたかい町なのです。

きっかけは1956年、廣瀬清藏氏が終戦後上京した際、戦争孤児と出会ったのをきっかけに児童養護施設『黒松内つくし園』を開設したのが始まりです。

残念ながら廣瀬氏は2015年に永眠されましたが、黒松内つくし園開設から60年となった今では、障がい者支援施設、老人ホーム、
認定こども園など数々の施設が運営され、近隣町村にも福祉の輪が広がっています。

社会福祉法人黒松内つくし園の施設『しりべし学園成人寮』では、利用者さんの自立に向けた取り組み(リハビリ)として割り箸セットや牛乳パック再生紙を使用した、レターセットが製作されています。

黒松内町の木『ブナ』の葉が漉き込まれた封筒や、学園内で栽培されているラベンダーのドライフラワーが、パッケージ内に封入された
良い香りのレターセットなど、ハンドメイドのぬくもりを感じる素敵なアイテムばかりです。

レターセット&割り箸セットは、町内の黒松内温泉ぶなの森と道の駅くろまつないで販売中です。

※リハビリの一環として製作している為、大量生産出来ないとの事です。売り切れの場合はご容赦下さい。

この記事を書いた人:渡辺リリオ

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^