スポンサーリンク
十勝北部

「足寄動物化石博物館」子供も大人も楽しめる!本物の化石や鉱物が発見できるミニ発掘が人気

帯広市街地から約60km離れた足寄町。

北海道が生んだ歌手“松山千春”さんの故郷でもあります。

足寄町では昭和51年にアショロアという恐竜の化石を発掘して以来、恐竜の化石の発掘と研究が行われている所です。

そんな足寄町内には松山千春さんの実家と足寄町の化石を展示した“足寄動物化石博物館”が観光の見どころとして紹介されています。

今回は千春さんの家ではなく、子供も大人も楽しめる足寄動物化石博物館の方を紹介します。

古代生物の化石がたくさん

常設展示は、最初に発見された“アショロア”、海岸に生息していた謎の生物“デスモスチルス”、海に還った哺乳類のクジラなど様々な動物の化石が展示されています。

足寄動物化石博物館では、骨格標本も展示しているため生きていた頃の迫力ある姿を感じさえる展示をしています。

また化石から生きていた頃の静態なども実写化しているので、子供でも分かりやすく説明してありますよ。

観覧料のみで学芸員さんによる解説も聞けるので、興味のある方は頼んでみるとよいでしょう。

200円でできるミニ発掘

展示もさることながら足寄動物化石博物館へ訪れたのならばぜひ体験してほしいのがミニ発掘。

1回200円で本物の化石か鉱物どちらか1つを1回行うことができます。

他にもアンモナイトや三葉虫の化石を調べながら作る化石の石膏レプリカや、ティラノザウルスなどの古代生物の模型を石膏で作る古生物模型づくりなどもあるので、時間がある人は色々とチャレンジしたいですね。

道具を使って行う本格派

ミニ発掘は、中に化石や鉱物が埋め込められた石(硬い固められた砂の塊のようなもの)から選び、何が出てくるか専用の道具を使って見つけます。

これが結構大変でなかなか出てきません。

あまり乱暴にやると中の化石や鉱物が傷ついてしまうので、慎重に行いましょう。

発掘した化石は持ち帰れる

発掘して出てきた化石や鉱物は持ち帰りができます。

当たりはずれはありますが中には200円以上しそうな結構価値のある化石や鉱物も入っているようです。

足寄町は札幌や帯広から阿寒湖へ行く途中にあるスポット。

阿寒湖方面へお出かけの際に立ち寄りたいですね。

■足寄動物化石博物館

【住所】北海道足寄郡足寄町郊南1-29-25

【アクセス】JR帯広駅から十勝バス陸別行きに乗車し、足寄動物化石博物館で下車(1日9本)

※往復バス代と博物館料金がセットになったバスパックもあり

【営業時間】9:30~16:30

【定休日】火曜日

【料金】400円 ※発掘体験は別途200円

【HP】http://www.museum.ashoro.hokkaido.jp/

この記事を書いた人

コイチ

気が付いたらアラフォー。
大泉洋と同じ高校出身な北海道在住の旅人ですww
北海道内179市町村の温泉・登山・お祭りめぐりと
北海道内でイッテQみたいなことしています(笑)

179市町村しょっちゅう出かけているのは、恐らく自分とブギウギ専務くらいww

たま~に本州にも出没してます。
西でも東でもない変わった食文化がある名古屋が最近のお気に入り。

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^