スポンサーリンク
苫小牧・日高

“マカウシの氷滝”ライトアップも開催されるアイヌの故郷の氷瀑

日本一のすずらん群生とアイヌ文化の地として有名な平取町。

最近では美味しい“びらとり和牛”も人気ですが、平取町には冬にとっておきの絶景が見られるスポットがあります。

それが今回紹介する“マカウシの氷滝”。

氷瀑というとかなり山奥に行かないと見れなそうな感じですが、“マカウシの氷滝”は人里近いところにあり結構簡単に行けます。

高速道路が平取町近くまで延伸したため、札幌や新千歳空港からも非常に行きやすくなりましたね。

キャンプ場の奥にある

“マカウシの氷滝”は、“びらとり温泉ゆから”の近くにあり、温泉と併設している二風谷ファミリーランド内に滝への案内看板があります。

ただこれが罠で案内看板通りに行くと滝には近づけず、遠く上から眺める形になります。

かつては上から下へ降りられる階段がありましたが、現在崩壊してしまい二風谷ファミリーランド側から滝つぼへ降りることができません。

滝つぼへは、二風谷ファミリーランド内を通過し橋を渡った先にある脇道が正解。

案内も何も無い為少しわかりにくいかもしれません。(一応Googleマップには出てきますがちょっと分かりづらいです)

滝つぼへは2~3分ほど

入口さえ見つかればマカウシの滝の滝つぼまではすぐです。

行きは下りなので2~3分もあれば“マカウシの氷滝”へ到着できます。

あまり人が通らない所なので踏み固められていませんが、豪雪地帯ではないので長靴で問題なく行くことができますよ。

間近で見られる氷瀑

氷瀑が見られる頃の沢は完全に凍っているため、沢の上を歩いていくことができます。

なので普段行くことができない滝のすぐそばまで近づくことができて楽しいですね。

晴れた日は、氷の滝に日が当たり青く透き通った綺麗な光景が楽しめます。

2021年は新型コロナの影響で開催は未定ですが、マカウシの滝では1~2月の土曜日にライトアップを行っていて昼間とはまた違った光景が楽しめますよ。

フロストフラワーも見られるかも

マカウシの氷滝では氷瀑以外にもフロストフラワーを見ることができます。

フロストフラワーとは、水面から上がる水蒸気が凍ってできる現象で、主に湖沼や河川などで見られます。

大規模にできるところでは阿寒湖や朱鞠内湖が有名ですね。

平取町は内陸の極寒の地なのでフロストフラワーを見られるチャンスがありますよ。

ただ午前中には溶けてなくなってしまうので、早起きした人だけが見られる貴重な現象です。

■マカウシの氷滝

【住所】北海道沙流郡平取町二風谷94-1

【見頃】1~2月

【アクセス】JR富川駅から振内、日高方面行きに乗車し「びらとり温泉」で下車(1日4本)

この記事を書いた人

コイチ

気が付いたらアラフォー。
大泉洋と同じ高校出身な北海道在住の旅人ですww
北海道内179市町村の温泉・登山・お祭りめぐりと
北海道内でイッテQみたいなことしています(笑)

179市町村しょっちゅう出かけているのは、恐らく自分とブギウギ専務くらいww

たま~に本州にも出没してます。
西でも東でもない変わった食文化がある名古屋が最近のお気に入り。

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^