スポンサーリンク
室蘭・登別・洞爺

カルルス鉱山跡は登別の秘境! 北海道三大氷筍上級編

※氷筍とは洞窟に発生する逆さの氷柱のことで、下に滴り落ちた雫が瞬時に凍りついたものです。

筍のような形状をしていることから氷筍と呼ばれています。

北海道では中頓別町、伊達市大滝区、登別市でみられます。

登別市カルルススキー場からスタート

中頓別と大滝の氷筍はツアーがありましたが、登別の氷筍はツアーがないため、自力で行く以外見に行く方法はありません。

スタート地点はカルルススキー場ですが、看板もないためわかりにくいところにあります。

スキー場を歩くのは一瞬だけです。

約4kmの林道歩き

洞窟までの距離は約4kmあり、これまでのスポットで一番遠いです。

また毎日のツアーもなく訪れる人も少ないため、雪が降った次の日は膝までのラッセルとなります。

特に景色も良くなくひたすら単調な林道が続きます。

洞窟まで約2時間

後半は渡渉があったり道がわかりにくかったり、やや迷うところもあるので注意が必要です。

ラッセルがなければ2時間くらいですが、ラッセルがあるとそれ以上かかることもあります。

大きい時は3mを越すことも

洞窟には中頓別や大滝では見られない巨大な氷筍がみられます。

その大きさは175cmの筆者と比べてみたらわかると思います。

ここまで大きな氷筍はいままで見たことなかったため、苦労してやってくる価値はあります。

洞窟内は注意が必要

奥のほうが地熱で暖かいです。

これまで寒かったのでこの暖かさは少し嬉しいですが、あまり奥の方へ行くと川が流れていて危なく、路面も凍っていて滑るので十分注意が必要です。

中頓別、大滝と比べると距離も長く、ツアーもないため初心者にはかなりきついですが、氷筍の大きさはここが一番大きく見ごたえがあります。

カルルス鉱山跡洞窟

【アクセス】JR登別駅から道南バス登別温泉行きに乗車し、登別温泉でサンライバスキー場行きに乗車しサンライバスキー場で下車です(1日4本)

【開催時期】1月上旬~3月下旬

この記事を書いた人:コイチ

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^