スポンサーリンク
稚内・利尻島・礼文島

冬の洞窟探検!中頓別鍾乳洞 北海道三大氷筍初級編

※氷筍とは洞窟に発生する逆さの氷柱のことで、下に滴り落ちた雫が瞬時に凍りついたものです。

筍のような形状をしていることから氷筍と呼ばれています。

北海道では中頓別町、伊達市大滝区、登別市でみられます。

 日本最北の中頓別鍾乳洞

中頓別町まで行くのが大変ですが、氷筍が見られるスポットまでの距離が一番短いのが中頓別鍾乳洞です。

冬季は閉鎖されているため、鍾乳洞までの約1kmが除雪されていなのでスノーシューで歩いていきます。

30分ほどで到着します

駐車場まで着いたら鍾乳洞まではすぐです。

ツアーも開催しているため、鍾乳洞までは踏み跡があるので迷うことはありません。

氷柱や雪で入口が狭くなっていますが、中は雪は積もっていないので広くなっています。

夏は電気が付きますが冬季は閉園しているので、真っ暗のためライトを持参する必要があります。

いざ鍾乳洞の中へ

鍾乳洞を少し奥へ進んでいくと1mほどに成長した氷筍が現れます。

奥の方から取ったほうが外の光があたり、より美しく見ることができます。

ただし鍾乳洞の通路は凍っている場所もあるので注意が必要です。

奥の方へ登る階段がありますが、奥の方には氷筍はないので階段は登る必要はありません。

そうや自然学校のツアーもあります

現在は天然記念物に指定されている鍾乳洞ですが、以前は管理されてなく中頓別鍾乳洞の鍾乳石も多く持ち出されてしまいました。

そのため鍾乳石は少ないですが、洞窟内に水が流れているので、冬には鍾乳石のような氷筍で神秘的な鍾乳洞を堪能できます。

道具がない、雪道に自信がないという人にオススメなのは、そうや自然学校のツアーに参加してみましょう。

スノーシューやスキーを使って中頓別鍾乳洞周辺も森も散策できるプログラムになっています。

ツアーの場合は鍾乳洞にライトもつくので明るいです。

ツアー料金も1200円と安価で、一人でも気軽に参加できます。

中頓別鍾乳洞

【住所】北海道枝幸郡中頓別町字旭台

【アクセス】JR音威子府駅から宗谷バス浜頓別行きに乗車し弥生で下車(1日3本)

バス停から鍾乳洞までは約4kmです

【氷筍の見頃】1月下旬~3月下旬

この記事を書いた人:コイチ

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^