スポンサーリンク
根室・別海・羅臼

しべつあきあじまつり いくら丼無料提供の太っ腹な鮭まつり!

北方領土の国後島に一番近い標津町は、日本一の鮭の町です。

何と町民には9月に鮭が無料で配布されるという素敵なところです。

他にもホタテやバターも配布されたり、学校給食ではいくら丼も出たりします。

札幌や旭川といった都市から遠くやや行きにくい場所にありますが、毎年9月下旬には鮭のイベント「しべつあきあじまつり」が開催します。

道内各地で行われますが、ここが一番太っ腹なので遠出しても行きたい標津町の「しべつあきあじまつり」を紹介します。

行列必須!無料提供のいくら丼

「しべつあきあじまつり」は町民以外にも多くの人が訪れます。

その理由は午前と午後に無料提供されるいくら丼。

午前と午後あわせて1000食以上提供されます。

百の位はその年によって提供数が変わります。

1時間以上並びますが、並べは確実に食べられますよ。

量も一口とかではなく朝市などのミニ丼くらいあり、食べごたえもあります。

シュールなゆるキャラ!イクラちゃん

「しべつあきあじまつり」にはゆるキャラも登場します。

恐らく北海道一のとんでもないシュールなあきあじ祭りのキャラクターいくらちゃんです。

一度見たら忘れられないキャラクターです。

ちなみに下半身が女性とおじさんバージョンの2パターンあります。

会場で鮭グルメも堪能

あきあじとは北海道では鮭の意味なので、鮭グルメがいろいろあります。

他の地域よりも様々な鮭グルメが堪能できるので、いくら丼以外にも楽しめます。

新鮮な鮭をそのまま串焼きにした焼き物は200円と激安です。

他にもいろいろあるので紹介します。

鮭グルメ②鮭の白子ザンギと鮭の肝焼き

新鮮でないとなかなか食べられない鮭の白子と肝を使ったグルメ。

いくらは有名ですが、白子の方は少しマイナーであまり食べる人はいませんが、クセがなくザンギにすると外はカリとして中は濃厚な味が楽しめます。

肝も苦味やクセがないため非常に食べやすいです。

たっぷり入っていてどちらも100円なので珍しい鮭の珍味を会場で味わってみませんか?

鮭グルメ③鮭そば

続いては鮭節で出汁を取り鮭醤油で味付けした鮭そば。

トッピングにも鮭がどーんと入っているので、一杯で存分に鮭を堪能できます。

別のブースでは鮭の天ぷらもあるので、これも購入して鮭天ぷらそばもおすすめです。

とても美味しいですが普段標津町で食べられるメニューではないため、祭りの時しか食べられない限定メニューです。

札幌や旭川といった大都市から遠く訪問は大変ですが、石狩地区とは違い鮭グルメが堪能できるお祭です。

この時期の道東は鮭の遡上も見られるので、鮭を堪能しにオホーツク方面にお出かけしてみませんか?

■しべつあきあじまつり

【開催場所】サーモンパーク

【住所】北海道標津郡標津町北1条西6-1-1-1

【開催時間】10:00~14:00

【料金】入場無料

【アクセス】JR標茶駅から阿寒バス「標津」行きに乗車し「サーモンパーク」で下車(1日3本)

【開催日】9月下旬の日曜日

2019年は9月29日の予定です

この記事を書いた人:コイチ

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^