スポンサーリンク
稚内・利尻島・礼文島

「レブンアツモリソウ」礼文島北部でのみ咲く幻の花

レブンアツモリソウは、北海道の礼文島北部にのみ生息する野生のランです。

礼文町浜中地区のレブンアツモリソウ群生地で多く見ることができます。

花の時期は5月下旬から6月上旬にかけて開花します。

連休がない時期ですが多くの人が最北の島へやってきます。

礼文町のゆるキャラ「あつもん」

レブンアツモリソウは礼文島を代表する花で、礼文島内でいろいろなものにデザインされています。

稚内からフェリーで訪れた場合、最初に出会うのが礼文町のゆるキャラ「あつもん」です。

礼文町のデザインマンホール

近年ブームになっているマンホールですが、礼文町で描かれているマンホールはレブンアツモリソウです。

フェリーターミナル前で見ることができます。

礼文町のご当地ナンバープレート

原付限定ですが、礼文島にはご当地ナンバープレートがあり、レブンアツモリソウが描かれています。

写真に写っている「れ」という平仮名は北海道のみ使われている記号で、レンタカーの意味です。

通常のアツモリソウは赤色

レブンアツモリソウが有名ですが、本州などでも見られるホテイアツモリソウは赤い色をしています。

礼文島ではレブンアツモリソウを見に行く途中の浜中地区でのみ見られます。

車窓からになりますが定期観光バスでもここの前を通過するとき停車してくれます。

絶滅危惧種のレブンアツモリソウ

かつては島内各地で見ることができたレブンアツモリソウも盗掘により激減し、絶滅寸前までになりましたが、厳しい管理のもと段々と数が増え人々の目を楽しませています。

6月に礼文島に行けない場合は、8月までなら礼文町高山植物培養センターで人工培養されたレブンアツモリソウを見ることができます。

■レブンアツモリソウ群生地

【住所】北海道礼文郡礼文町船泊字鉄府

【アクセス】香深フェリーターミナルから宗谷バス「スコトン」行きに乗車し「浜中」で下車です。(1日6本)

定期観光バスでもレブンアツモリソウ開花時期のみ立ち寄ります

【見頃】5月下旬~6月上旬

この記事を書いた人:コイチ

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^