スポンサーリンク
北海道の駅周辺情報

何者!? 帯広の街にある「シカの像」の正体

帯広駅に来たことがあれば、多くの人が目にしたことがあるであろう「シカの像」。

あれってなんだろう?

ただのオブジェかな?

と思った方も、少なくないかと思います。

この「シカの像」ってなんだろう?

 

帯広の街の「シカの像」は、駅前だけではなく、デパート「藤丸」前や、同じ通りにある「六花亭」前にもあります。

そもそも、あれはどういう理由で、なんのために作ったの?という疑問がありますよね。

筆者もそう思ったので、市役所で聞いてみました。

お聞きしたお話やいただいた資料をかんたんにまとめると…

・駅の建物や架道橋が「日高山脈」などの十勝の自然をあらわしている。

・それらに関連して、十勝の自然の象徴であるシカの像を設置することになった。

・駅のカスケードは水場のイメージで、その側のシカは水を飲みに来ている、という設定。

・藤丸前、六花亭前のシカは商店街に迷い込んだシカの家族という設定。

ということなのだそうです。

筆者ははじめ、十勝だからよく見かけるシカを置いてるのかな…という軽いイメージで像を見ていたのですが、実はすごくしっかりしたコンセプトやストーリーがあったんですね。

十勝は自然が豊かな土地。

そのうつくしい自然を街の中にも取り入れよう、というコンセプトのもと作られた像。

お話を聞いて、とても「その土地らしさ」を大事にした素敵なものなんだなぁ、と思いました。

これから旅行に来られる方も、いま住んでいる方も、もしこのシカを見ることがあったら、この話を思い出してみてください。

きっと、知らない時よりずっと、十勝の豊かな自然を身近に感じられるはずです。

ちなみに…

シカの像だけでなく、シカの足あとも、藤丸前や西2条通りのバス停にあったりします。

興味のある方は、ちょっと足元に注意しながら、歩いてみてくださいね。

また、シカのフンの像も設置しようという案があったとか…

残念ながら(?)安全面を考えてなしになってしまったみたいです。

(このお話を聞かせてくださり、資料までご用意してくださったのは、市役所の職員さんでした。

貴重なお話、本当にありがとうございました!)

帯広駅:北海道帯広市西2条南12丁目(シカの像は北側ロータリー)

藤丸:北海道帯広市西2条南8丁目1

六花亭:北海道帯広市西2条南9丁目6

この記事を書いた人:緑茶

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^