スポンサーリンク
北見・紋別

「かみゆうべつチューリップフェア」120万本のチューリップが咲き誇る

オホーツク海沿岸に位置する湧別町(ゆうべつちょう)。

北海道でもっとも大きい湖であるサロマ湖にも接しています。

「かみゆうべつチューリップ公園」は、その名前の通りチューリップが一面に咲き誇る公園です。

湧別町のチューリップは5月中旬からが見頃

チューリップが開花し始める毎年5月上旬頃から、「かみゆうべつチューリップフェア」が開催されます。

約7ヘクタールの畑に、色とりどりのチューリップが咲き誇ります。

見頃は5月中旬から6月上旬で、この時期には多くの観光客で賑わいます。

チューリップは、200品種、120万本にもおよびます。

よく見かける形や色のものはもちろん、少し花びらが開いたもの、花びらの色に濃淡があるものなど、本当にさまざまな種類の花がありました。

公園の中央には、チューリップの名産地・オランダの風車をかたどった展望台があります。

ここに登って見ると、いろいろな色のチューリップが一度に見られてとても美しいです。

自宅でチューリップ栽培を楽しめるようにもなっています。

指定された一部の区画で栽培されているチューリップは、1株100円で購入することができます。

また、公園内の施設では1球70円で球根を購入できます。

湧別町観光協会のホームページでは、インターネットでの購入も可能です。

かみゆうべつチューリップ公園の概要

チューリップフェアの会場となる「かみゆうべつチューリップ公園」は、チューリップの開花時期のみ開園しています。

本州よりもおよそ1か月遅くに咲くチューリップを見に、ぜひお立ち寄りください。

・住所:〒099-6501 北海道紋別郡湧別町上湧別屯田市街地358番地の1

・アクセス:JR遠軽駅から車で約15分

・入園料:高校生以上500円、小中学生250円、幼児無料

・駐車場:無料

・時間:8:00~18:00、チューリップの開花期間のみ開園

・お問い合わせ:01586-8-7356

この記事を書いた人:マリ

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^