スポンサーリンク
北海道の駅周辺情報

「JR釧網本線・流氷物語号」日本で唯一流氷が見られる鉄路

冬の釧網本線に走る観光列車「流氷物語号」

オホーツク海沿岸を走る鉄路は、かつては「天北線」「興浜北線」「興浜南線「名寄本線」「湧網線」もありましたが、現在は網走から釧路を結ぶ「釧網本線」のみとなっています。

以前は流氷ノロッコ号でしたが、機関車の老朽化により2017年から流氷物語号に変わりました。

車体はオホーツクの空や海をイメージした青と白の2両編成で運行します。

網走から知床斜里までの区間はオホーツク海に沿って走るため、車窓からは流氷が見られる日本で唯一の路線です。

日本で一番流氷に近い「北浜駅」

流氷物語号は途中駅で観光停車があります。

網走から知床斜里へ向かう1号と3号では、流氷に最も近い「北浜駅」で10分間の停車があります。

駅には食堂も併設していますが、10分間では食べることはできないので、ゆっくりしたい場合は折り返しの列車を待つのも良いと思います。

知床斜里から網走へ向かう2号と4号は浜小清水駅をでて停車時間が有り、道の駅で買い物をする時間を設けてあります。

流氷と知床連山が見られる展望台

北浜駅では流氷と知床連山が見られる展望台が駅ホーム内にあります。

停車時間は10分あるので、晴れている日は綺麗な景色を堪能することができます。

通常はここで景色を堪能となりますが、北浜駅の2つ先止別駅にもオススメの展望スポットがあります。

時間がある人は止別駅で降りて、隠れた流氷スポットへ寄り道しませんか?

流氷物語号

【運行区間】網走~知床斜里間

【運行時期】2月2日~3月3日

【時刻】

網走駅 北浜駅 浜小清水駅 知床斜里駅
1号 9:45発 10:00着・10:10発 10:21発 10:40着
3号 12:50発 13:03着・13:13発 13:22発 13:40着

 

知床斜里駅 浜小清水駅 北浜駅 網走駅
2号 11:30発 11:47着・12:07発 12:16発 12:30着
4号 13:48発 14:04着・14:24発 14:34発 14:46着

※2両編成(全席自由席)

【料金】網走~知床斜里間:840円

この記事を書いた人:コイチ

ABOUT ME
Domin
ご訪問くださってありがとうございます! 当サイトでは、北海道のレアな観光スポットやぜひお知らせしたい情報。 道民なら知ってるけど、旅行者の方は初耳~っていう情報を紹介しています。 あなたの北海道旅行のほんのスパイスになれば幸いです!^^